手描きの”ゆるかわ”アイコン作りませんか?

詳細はこちらのページで!

薄力粉って英語で?海外の小麦粉5種&選び方のコツを目的別に解説

料理の豆知識
スポンサーリンク

こんにちは。

菓子パン総選挙はメロンパンがぶっちぎり優勝のえどまゆ@edmayu_ge)です。

今回は皆さんが愛してやまない「白い粉」についてお話します。

えどまゆ
えどまゆ

そう、小麦粉です

わたしがオーストラリアに来て驚いたのが、

スーパーマーケットの粉コーナーの充実ぶり。

日本にいたころは「粉」と言ったら、

  • 小麦粉
  • 片栗粉
  • ホットケーキミックス
  • きな粉

くらいしか買ったことなかったんですが、

オーストラリアのスーパーで売っている粉ときたら

  • 小麦粉
  • スペルト小麦粉
  • 米粉
  • ひよこ豆粉
  • ポレンタ粉
  • キヌア粉
  • タピオカ粉

などなど。

なんでも粉砕して粉にしてしまおうという姿勢、嫌いじゃないです。

スーパーマーケットのフラワー(Flour)コーナーに行くと、色んな粉がズラーッと並んでいて圧巻。

というわけで今回は、オーストラリアで売られている粉について解説します。

この記事では、日本でもおなじみの小麦粉について

こちら↓の記事では豆の粉や野菜の粉など、小麦粉以外のグルテンフリーの粉を紹介しています。

小麦粉の代用にも!海外の「グルテンフリー」な粉たちを紹介
オーストラリアのスーパーには小麦粉以外の粉もたくさん!片栗粉代わりになる粉、和菓子づくりに使える粉、ちょっと変わった粉まで、海外の粉(フラワー)について解説します。すべてグルテンフリーなので、小麦粉アレルギーのかたにもおすすめです、

どれもウールワースやコールスなど、オーストラリアのスーパーで気軽に購入できるものばかり。

現地で自炊する時の粉選びの参考にしたり、ダイエットに活かしたり、めずらしい粉を使って新しい料理にも挑戦してみてください!

えどまゆ
えどまゆ

オーストラリア以外にお住まいの方も、同じ粉を見つけたよって時にぜひ参考にしてみてください

スポンサーリンク

小麦粉の種類をおさらい~薄力粉・中力粉・強力粉の違いってなに?

オーストラリアで購入できる小麦粉を紹介する前に、

小麦粉の種類についておさらいしておきましょう!

小麦粉はそれぞれ粉中に含まれるグルテンの量で、

薄力粉・中力粉・強力粉に分けることができます。

使う小麦粉の種類によってパンやお菓子の食感に違いがでてくるので、

用途に合わせた小麦粉を選ぶことが重要なポイントです!

「薄力粉」はクッキーやケーキにおすすめの小麦粉

薄力粉は、グルテンが8.5%以下含まれた小麦粉です。

もちもちとした食感が出にくいので、ふわふわしたケーキや、サクッとしたクッキーなど、軽い食感を出したいときにおすすめ。

お菓子以外にも、天ぷら粉、下ごしらえで肉や魚にまぶす粉、からあげの衣など、料理にも幅広く使えるオールマイティーな粉です。

海外ではCake Flour(ケーキフラワー)などの名前で売られています。

「中力粉」はうどんやパンケーキにおすすめの小麦粉

中力粉は、グルテンが9%前後含まれた小麦粉です。

日本ではあまり見かけない粉ですが、海外では薄力粉よりもこちらの中力粉が一般的。

Plain Flour(プレーンフラワー)や、All-purpose Flour(オールパーパスフラワー)として売られています。

薄力粉と強力粉のちょうど中間に当たる中力粉は、うどんや餃子の皮におすすめ。

個人的にはどっしりと食感のあるマフィンが焼きたいときや、パンケーキ、スコーンに使うのも好きです。

HINT

「レシピに中力粉って書いてあるけど売ってない!」というときは、薄力粉と強力粉をミックスしてグルテンの量を9%前後に調節しましょう。
例えば、グルテン8%の薄力粉を70g(グルテン量5.6)+グルテン13%の強力粉を30g(グルテン量3.9)ミックスすれば、100gあたりグルテンが9.5%の中力粉ができます

強力粉はパンやピザにおすすめの小麦粉

強力粉は、グルテンが12%以上含まれた小麦粉です。

モチモチとひきのある食感になるので、パンやピザ生地、ナン作りにおすすめ。

海外ではBread Flour(ブレッドフラワー)や、Baker’s Flour(ベーカーズフラワー)として売られていることが多いです。

オーストラリアで売られている小麦粉は5種類以上!

日本でもおなじみの小麦粉ですが、オーストラリアで購入できるものは

  • Plain Flour(プレーンフラワー)
  • Self Rising Flour(セルフライジングフラワー)
  • Baker’s Flour(ベーカーズフラワー)
  • Whole Meal Flour(ホールミールフラワー)
  • Spelt Flour(スペルトフラワー)

です。種類が多い!

それぞれの特徴やおすすめの使い方を見てみましょう。

Plain Flour(プレーンフラワー)

プレーンフラワーは、日本でいう中力粉のこと。

海外で小麦粉といったら、一般的にはこのプレーンフラワーを指します。

オーストラリアで売られているプレーンフラワーのグルテン量は10%前後。

日本で一般的な「薄力粉」よりもグルテン量が多めです。

日本の薄力粉と同じような粉が欲しい場合、CakeLow Proteinと書かれたプレーンフラワーが該当しますが、お値段はちょっと高め。こだわりたい方用です。

わたしはケーキやお菓子作りにも普通のプレーンフラワーを使っていますが、特に焼き上がりが固くなることもなく、気に入ってます。

日本の薄力粉代わりとして、いちばん使いやすい・手に入りやすい小麦粉です。

Self Rising Flour(セルフライジングフラワー)

セルフライジングフラワーは、プレーンフラワーにあらかじめベーキングパウダーが混ぜてある粉です。

名前だけ見るとガンダムみたいで格好良いですね。

一般的に100gあたり小さじ1(約4g)のベーキングパウダーが含まれています。

ベーキングパウダーが必要ないのは便利なんですが、セルフライジングだけで焼いたケーキはちょっぴり膨らみが悪い印象です……。

お菓子なら、マフィンやパンケーキなど、ある程度もちっとした食感がほしいものに使うのがおすすめ。

料理なら、天ぷらの衣に使うと普通の粉よりもさっくり軽く仕上がります。

あとはセルフライジング:水2:1、塩を1つまみくわえて捏ねると、即席ピザ生地ができるのでこちらぜひ試してみてください!

Baker’s Flour(ベーカーズフラワー)

ベーカーズフラワーは、日本でいう強力粉です。

パンを焼くときにはこの粉を使います。

ブレッドミックス(Bread Mix)という名前で売られていることもあります。

1kgなど少量で売っていることが少ない(おまけに高い)ので、「たくさんパン焼いちゃう!」と気合のある方は、5kgの大袋を買ってしまったほうがコスパは良いです。

えどまゆ
えどまゆ

わたしはいつもコスパ重視で10kgの大袋を購入しています

Whole Meal Flour(ホールミールフラワー)

ホールミールフラワーは全粒粉です。

グルテン量は商品にもよりますが、だいたい10%なので、プレーンフラワーと同じくらい。

食物繊維がたっぷり採れるので、健康志向な方におすすめ!

パン作りの粉の半分を置き換えたり、クッキーなど水分が少ない焼き菓子に使うと、香ばしい風味がより引き立ちます。

Spelt Flour(スペルトフラワー)

スペルトフラワーは、古代小麦という小麦の原種から作られた粉

一般的な小麦粉よりも

  • グルテンが少ない
  • 低GI
  • 食物繊維も豊富

と、身体に嬉しい小麦粉です!

Quokka
Quokka

グルテンの摂取量は控えたいけどお菓子を我慢したくない…

という方の願いを叶えてくれます。

スペルト粉は商品によってグルテン量が変わるので、パッケージの「Protein」という欄を見て、用途に合わせたスペルト粉を選びましょう。

オーストラリアのカフェでは、このスペルトフラワーを使ったマフィンを売っているところも!

普通のマフィンよりもどっしりとした食感で、少し独特の風味がクセになります。

オーストラリアの小麦粉まとめ

オーストラリアで購入できる小麦粉と、目的に合った選び方をご紹介しました。

ひとくちに「小麦粉」と言っても、その種類は様々。

せっかく海外で自炊をするなら、お菓子作りやパン作りにも挑戦してみたいですよね。

そんなときはこの記事を参考にしながら、最適な小麦粉を選んでみて下さい。

日本でおなじみのショートケーキとか、ミルクレープとか、メロンパンとか、あんぱんとか……

海外に住んでいると気軽に買えないものばかりですが、

そんなときは自分で作ってしまいましょう!

オーブンから漂う香ばしい匂いと、できたてを食べられる幸せは、手作りする人だけの特権です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました