レモン香る!ポレンタケーキのレシピ(グルテンフリー)

自炊レシピ
スポンサーリンク

こんにちは。
ケーキのお供にはコーヒー派、えどまゆ(@edmayu_ge)です。

えどまゆ
えどまゆ

ちょっと濃い目のカフェラテが好き

今回は、オーストラリアのカフェでも人気のスイーツ

小麦粉無し(グルテンフリー)の

ポレンタケーキの作り方をご紹介します!

ポレンタケーキのレシピは色々とありますが、

今回は、オーストラリアで人気の作り方

小麦粉を使わず作る(グルテンフリー)レシピをご紹介。

たっぷりのバターとアーモンドミールを使用して、しっとり・リッチな食感に仕上げます。

レモンの爽やかな酸味と、ポレンタ粉のぷちぷち食感が後を引く美味しさ!

作り方も混ぜて焼くだけなので、気軽につくれます。

ふだんと少し違うケーキが食べたい時に、ぜひ作ってみてください。

スポンサーリンク

小麦粉なし!レモン香るポレンタケーキの作り方

材料(18cmのケーキ型1つ分)

  • たまご(常温において室温に戻しておく) 2つ
  • 無塩バター(常温において柔らかくしておく) 130g
  • ポレンタ粉(コーンミール) 70g
  • ★アーモンドミール 130g 
  • ★ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • ★砂糖 130g
  • すりおろしたレモンの皮 1つ分
  • レモンの絞り汁 大さじ2
  • (お好みで)チョコチップ 50g

 仕上げのグレーズ用(作りやすい量)

  • 粉糖 50g
  • レモン汁 大さじ1
材料選びのポイント
  • 今回使用したポレンタ粉はこちら↓

    プチプチ感を楽しむためにも、粒が粗めの物を選びましょう
    ポレンタ粉が手に入らなければ、コーングリッツコーンミールを使用してもOKです
  • 砂糖は粗糖(Raw sugar)を使っています
  • 皮ごと使用するので、無農薬のレモンを用意すると安心(手に入らなければ、皮は省いてもOK)
  • ベーキングパウダーにはグルテンが含まれている場合があります。完全グルテンフリーにする場合、ご使用の前によくご確認ください

作り方

下準備
  1. バターと卵は常温で2時間~おき、室温に戻す
  2. レモンの皮をすりおろし、汁を絞っておく
  3. オーブンを180℃に予熱する
  4. ケーキ型にベーキングペーパーを敷き込んでおく

1.バターと砂糖をボウルに入れ、ふわっとするまで泡立て器でよくすり混ぜる

2.1のボウルにレモンの皮を入れ、よく混ぜ合わせる

3.よく溶きほぐしたたまごを少し(大さじ2くらい)づつ入れ、その都度よくかき混ぜる

4.★の粉類を、目の荒いざるを使って軽くふるいあわせておく
(ダマをなくすのが目的なので、面倒ならポリ袋にいれてシャカシャカ降ってもOK)

5.ボウルに振るった粉類を入れ、ふんわりと混ぜ合わせる

6.レモン汁を入れ混ぜ合わせる
(チョコチップを入れる場合はここで一緒に混ぜる)

7.型に流し入れ、トントンと叩きつけて大きな気泡をなくす
(膨らまないので、型いっぱいまで生地を入れてしまって大丈夫です)

※今回は小さい(8cm)パウンド型2つで、片方に半量のチョコチップを入れて焼きました

8.オーブンに入れて22~25分ほど焼く
(小さい型を使用する場合、18分くらい焼いたら一度様子を見ます)

9.縁がカリッとして中央が少し割れたら焼き上がり!

10.型のまま冷まし、よく冷めたらケーキを型から外す

11.グレーズの材料を混ぜ合わせてケーキにかける(※ポイント参照)

12.冷蔵庫で3時間~一晩寝かして味を馴染ませる

11.お好みでデコレーションして召し上がれ!

作り方のポイント

・小麦粉を使わない(たくさん混ぜてもグルテンが発生しない)ので、混ぜる工程は全て泡立て器で大丈夫です。

・チョコチップを入れる場合、グレーズはかけないほうが食べやすいです(レモンの酸味が強いため)
代わりに溶かしたチョコをかけたり、ココアを振ってデコレーションしましょう

・分離を防ぐため、バターとたまごの温度はどちらも室温と同じくらいにしておきましょう

・たまごとバターが分離してしまうので、レモン汁は必ず粉類の後に加えます

まとめ

レモンの爽やかさと、ぷちぷちとした食感がクセになる、

ポレンタケーキのレシピをご紹介しました。

イタリアではお粥のようにして食べるのが一般的な「ポレンタ」ですが、

甘いケーキにして食べるのも、香ばしさや食感が生かされるのでおすすめ!

オーストラリアでは、カフェでも見かけることの多い人気スイーツです。

ポレンタ粉もスーパーで手軽に購入できるので、自分でも焼いて食べてみてくださいね。

今回はレモンをたっぷり使ったレシピをご紹介しましたが、

チョコチップを加えたり、チアシードを加えたり、ドライフルーツやナッツを加えてアレンジしても美味しく召し上がっていただけます。

マフィン型を使って小さく焼いたら、プレゼントにもぴったりですね!

冷蔵庫でよく冷やすと、しっとりリッチな食感に

常温だと、ふんわりとした食感になるので、

お好みで温度を変えて食感の違いも楽しんでみてください。

わたしはしっかり冷やして、無糖のホイップクリームを添えて食べるのがお気に入りです。

えどまゆ
えどまゆ

コーヒーや紅茶とよく合います

バターたっぷりのリッチな食感と、素朴な焼きっぱなし感が、海外のカフェらしい味わいのポレンタケーキ。

ティータイムやお持たせに、ぜひ作ってみてください!

オーストラリアのカフェ直伝!濃厚ブラウニーのレシピ
みんな大好き!しっとり&濃厚なチョコレートブラウニー。オーストラリアのカフェでシェフに教えてもらった、とっておきのブラウニーのレシピをご紹介します。混ぜて焼くだけで簡単なのにとっても美味しいので、お菓子作り初心者にもおすすめです。バレンタインのギフトやデザート、ふだんのおやつにも作ってみて下さい!
材料5つ!混ぜるだけ!ヌテラでチョコレアチーズケーキのレシピ
材料5つだけ!混ぜて冷やすだけ!ヨーロッパやオーストラリアで人気のチョコスプレッド「ヌテラ(nutella)」を使ったチョコレートチーズケーキの作り方をご紹介します。 クリームチーズの塩気とヌテラのこってりした甘さが絶妙な、クセになる美味しさ。 プレゼントやおうちカフェのデザートにもおすすめです!
小麦粉の代用にも!海外の「グルテンフリー」な粉たちを紹介
オーストラリアのスーパーには小麦粉以外の粉がたくさん売られています。片栗粉代わりになる粉、和菓子づくりに使える粉、ポレンタ粉やレンズ豆粉などちょっと変わった粉まで、海外の粉(フラワー)について解説します。今回ご紹介する粉はすべてグルテンフリーなので、小麦粉アレルギーの方でも安心して召し上がれますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました