手描きの”ゆるかわ”アイコン作りませんか?

詳細はこちらのページで!

チーズ好き必見!新食感の「ハルミチーズ」食べ方のコツを3つご紹介

料理の豆知識
スポンサーリンク

こんにちは。

乳製品で打線を組むとしたら4番はチーズ一択、えどまゆ@edmayu_ge)です。

えどまゆ
えどまゆ

パルメザンはわしが育てた

今回はチーズ好きのわたしが今いちばんハマっている、

「ハルミチーズ(Halloumi cheese)」という不思議なチーズをご紹介します!

オーストラリアの店頭に並ぶ種類豊富なハルミチーズ

オーストラリアでは、スーパーで色んななチーズが購入できるんですが、

今回ご紹介する「ハルミチーズ」は、その中でもかなりの個性派

チーズ好きな方に、ぜひ1度は食べていただきたい逸品です。

栄養やカロリーなど、気になる情報もまとめたので、あわせてチェックしてみてください。

↓ハルミチーズを使ったおすすめのレシピはこちら↓

病みつき食感!照り焼きハルミチーズのおかずサラダ
オーストラリアのカフェで教わった「ハルミチーズの照り焼きサラダ」のレシピを公開! 照り焼き味のハルミチーズが癖になる、ボリュームたっぷりのおかずサラダです。おもてなしにも喜ばれること間違いなし!ベジアリアンの方にもおすすめのレシピです。
スポンサーリンク

ハルミチーズ(Halloumi cheese)ってどんなチーズ?

ハルミチーズは地中海キプロスが発祥。

ヤギ乳、羊乳、牛乳などから作れる、セミハードタイプの塩漬けチーズです。

フライパンで焼いても溶けないという特徴がある、とっても不思議なチーズなんです!

ハルーミチーズ、ハロウミチーズなどと呼ばれることもあり、

英語では「Halloumi Cheese」または「Haloumi Cheese」と表記します。

えどまゆ
えどまゆ

オーストラリアではHaloumi Cheeseと表記されることが多いです

イギリスで人気のチーズだそうなので、イギリス文化が強く根付いているオーストラリアでも人気が高いのは納得ですね。

ハルミチーズの栄養やカロリーは?

ハルミチーズの栄養価・カロリーはこんな感じ

項目数値(100gあたり)
エネルギー347kcal
タンパク質21g
脂肪(合計)28.7g
飽和脂肪18.5g
炭水化物19g
砂糖1.9g
ナトリウム1450mg
カルシウム708mg

※ オーストラリアのスーパー「Woolworth」で購入した、自社ブランドのハルミチーズをもとに記載しています

ちなみにパッケージで推奨されていた1食あたりの摂取量は30グラム。

今回購入したハルミチーズは1袋が180gだったので、6人分ですね。
(※実際は2人で1度に1/2袋分くらい食べちゃいます)

ハルミチーズの一般的な食べ方は?

オーストラリアでも人気のハルミチーズ。
カフェやレストランではベジタリアン用メニューとしてよく食べられています。

  • ビーフパティの代わりにハルミチーズを挟んだ「ハルミチーズバーガー」
  • グリルしたハルミチーズが入った「ハルミチーズサラダ」
  • パン粉をまぶして揚げた「フライドハルミチーズ」
  • トーストにハルミチーズと野菜をのせた「ハルミチーズのブルスケッタ」
  • お肉の代わりにハルミチーズを入れた「ハルミチーズカレー」

などなど。

やっぱり焼いたり揚げたり加熱して食べるのが一般的なようです。

えどまゆ
えどまゆ

わたし一押しのメニューはハルミチーズのブルスケッタです。カフェで見つけたら必食!

ハルミチーズがもっと美味しくなる!食べ方のコツを3つ紹介

不思議な食感が魅力のハルミチーズですが、封を開けてそのまま食べると

  • ぼそぼそした固い触感
  • 塩辛い

と、すこし個性が強すぎて食べにくい……。

ですがひと手間加えることで、とっても美味しいチーズに激変!

ここではハルミチーズをもっと美味しく食べるためのコツを、3つご紹介します。

その1:加熱して温かいうちに食べる

そのまま食べると消しゴムのようなぼそぼそした食感のハルミチーズですが、

加熱することによって柔らかくなります。

また、焼いても溶けないという特徴があるため、外はカリカリ&中は柔らかという天国の食感に……!

焼くことによって香ばしさも加わるため、

必ずフライパンで焼いてから食べることをおすすめします!

冷めるとキュッキュッとした消しゴム食感は復活するので、温かいうちに食べるのも大事なポイントです。

くおっか
くおっか

注:焼くと水分が出るので油を敷きすぎるとめっちゃ跳ねます

その2:1cm程度にスライスして食べる

ハルミチーズの「外カリ中トロッ」な触感を楽しむためには、

1cmくらいの薄さに切って食べるのがベスト。

厚すぎると中心部が固くなってしまうし、薄すぎると中までサクサクになってしまいます(これはこれで美味しい)。

薄め~厚めまで薄さを変えつつスライスして、自分好みの食感を探してみるのもいいですね。

その3:軽く塩抜きして食べる

ハルミチーズは塩漬けチーズなので、そのまま食べるとかなり塩辛いです。

サラダに入れるときやサンドイッチに使うときなど、他のソースやドレッシングと食べると、しょっぱすぎると感じるかもしれません。

そんな時はハルミチーズをスライスした後、

30分~1時間ほど水に漬けて塩抜きすると塩辛さがマイルドになります。

長時間漬けすぎると水っぽい味になってしまうので「明日食べるために1晩水に漬けておこう」というのはNG。

Quokka
Quokka

今すぐ食べたいから1時間も待ってられない!

という方は、お湯でさっと茹でてもOK。

塩抜きの一手間をかけると、ハルミチーズがさらに風味豊かに&美味しく食べられます。

まとめ

キプロス発祥の不思議なチーズ「ハルミチーズ」について、そのおもしろい特徴や美味しく食べるためのコツをご紹介しました。

ハルミチーズは、オーストラリアでもベジタリアンメニューとして人気です。

旅行の際は、カフェやレストランで「Halloumi」と書かれたメニューにぜひ挑戦してみてください!

日本ではあまり見かけない食品なので、オーストラリアのお土産としても喜ばれますよ。

おすすめの食べ方は「サラダ」や「ブルスケッタ」ですが、

あまり味にクセがないチーズなので、ソースと合わせたり、お肉の代わりにカレーに入れれても美味しいです。

おすすめのハルミチーズレシピはこちら↓

病みつき食感!照り焼きハルミチーズのおかずサラダ
オーストラリアのカフェで教わった「ハルミチーズの照り焼きサラダ」のレシピを公開! 照り焼き味のハルミチーズが癖になる、ボリュームたっぷりのおかずサラダです。おもてなしにも喜ばれること間違いなし!ベジアリアンの方にもおすすめのレシピです。

個性いっぱいで話題性のあるハルミチーズ。

チーズ好きなら、ぜひ一度は試しておきたい逸品です!

北海道の小樽で有名なスイートショップ《LeTAO》

コメント

タイトルとURLをコピーしました